「サスティナビリティ」という単語の意味を理解して使っていますか?
「サスティナビリティ=持続可能な発展」と曖昧に理解しているかもしれませんが、より分かりやすい定義は無いのでしょうか。
カール・ヘンリク・ロベール博士が科学者たちと導き出したサスティナビリティの科学的な定義について学び、サスティナビリティの正しい意味を理解しましょう。

ロベール博士とサスティナビリティを定義した科学者達の一覧は以下です。

引用元(外部リンク):
ナチュラル・チャレンジ―明日の市場の勝者となるために
(1998/10)カール=ヘンリク ロベール (著)

カールーヘンリク・ロベール(カロリンスカ医学研究所)博士

  • ルーネ・アンダーソン(環境保護庁)
  • モーテン・アーロンソン(自然保護協会)
  • エイヴォー・ブッシュ(スウェーデン農業大学)
  • リッテイ・ルー・クラーク(アータナティブ農民全国連盟)
  • ステーン・エッバーステーン(スウェーデン農業大学)
  • ペーター・エドリング(農民)
  • ヤン・エクスヴァード(農民全国連盟)
  • マリア・ガードフェイル(KRAV)
  • アーサー・グランステッド(スウェーデン農業大学)
  • ニルス・ジッレンコック(農民)
  • アネット・ヘルストロム(農民全国連盟)
  • ヒッレビ・ヘルムフリッド(このドキュメントの編集秘書)
  • インガー・シェランダー(アータナティブ農民全国連盟)
  • クリスティーン・ヤーコブソン(農業庁)
  • ペーター・ルスティグ(KRAV)
  • ウルリック・ニッシ(スウェーデン農業大学)
  • ビヨーン・スンデル(国立農業技術研究所)
  • ビヨーン・ワルグレン(環境保護庁)
  • カールーヨーハン・リデン(農業庁)
  • グンネル・ルンドグレン(KRAV)
  • エーリク・アーヘニウス教授
  • シャステイン・ホルムクブィストーベリング博士
  • ベンクトーエリク・ベングトソン教授
  • ブー・ベングトソンパールG・ベリー博士
  • アンダーシュ・ビクナート研究員
  • グニラ・ビジョークルンド
  • ラーシューウーロフ・ビジョーン教授
  • スブェーン・ブーストロム主事
  • トーレイフ・ブラムリュード
  • グンナル・ビュリン博士
  • ロルフ・エドベリー博士
  • カール・エーデルスタム主事
  • ハンス エグニュース
  • ジャージー・エインホーン教授
  • ステーファン・エインホーン博士
  • ハーダー・エマニュエールソン博士
  • アンダーシュ・エネマー教授
  • シェル・エングストロム博物館長
  • カールーエーリク・エーリクソン教授
  • サム・エーリンゲ教授
  • マーリン・ファルケンマーク教授
  • ブー・ファーンホルム教授
  • ヨスタ・ガートン教授
  • フォルケ・グンター
  • ウーロブ・ヘドベリー博士
  • ボリス・ホルム博士
  • ジョン・ホルムベリー工学士
  • ベングト・ヒューベンヂック博士
  • コニー・ジャークブラント建築士
  • アーネ・ヤーネローブ教授
  • トーマス・B・ヨーハンソン教授
  • アルフ・G・ヨーネル教授
  • ヤンーエーリク・シールストロム
  • トーマス・コーベイヤー
  • ヨーハン・ランドベリー
  • トービョーン・ラーテイ
  • スタニスラブ・ラザレック
  • カール・リーデグレン教授
  • オリバー・リンドクビスト教授
  • トーレ・リングヘーデ
  • ハンス・ルンドベリー博士
  • ニルス・マルマー教授
  • マリリン・メールマン
  • レナート・モルナー博士
  • ベンクト・ニールゴード博士
  • オーケ・ノールベリー博士
  • ホーカン・ノーディン
  • ペッレ・ノードマン
  • ヨーナス・ノールマン博士
  • アンダーシュ・ニークビスト
  • シェルバー・オドショ主事
  • ブー・ウルソン
  • マッツ・ウルソン教授
  • ラグナル・ウルソン教授
  • ヨーラン・パーション博士
  • ペッレ・ペッターション
  • クラース・ラメル教授
  • クリストッファー・ラッペ教授
  • ピーア・リッカードソン
  • グスタブ・ルーデベック教授
  • ラース・G・リュデン博士
  • クラース・サンデル
  • ソーレン・スベンソン博士
  • アンダシュ・ソーダーグレン教授
  • スタッファン・トーマン主事
  • ブー・ツンベリー
  • ニルス・ティーベリー教授
  • ルーネ・トフトゴード博士
  • アンダシュ・トルマール
  • バッティル・トーネル教授
  • スタッファン・ウルフスタンド教授
  • ジェンス・ワルステッド事務局長
  • ビジョーン・ワルグレン
  • アンダシュ・ウィックマン事務局長
  • フォルケ・ザクリソン
  • ヘレーナ・オーベリー

動画で学べるサスティナビリティシリーズ

  1. サスティナビリティ:どこまでだったら大丈夫?
  2. エコロジカル・フットプリント:人間が地球にかける負担はどのくらい?
  3. サスティナビリティに取り組む最適なタイミングとは
  4. サスティナビリティの科学的定義とは
  5. 持続可能性を阻む4つの根本原因とは
  6. サスティナビリティ・プラン:アインシュタインの問題解決法(バックキャスティング)
  7. 4原則-サスティナビリティ・ゲームに勝つために
  8. 環境・人間社会・経済からみる企業価値~トリプルボトムライン~
  9. 気候変動は、本当に人為的なものでしょうか?(ボストーク基地

定義があいまいなままでは人々の賛同を得られず、課題解決に向かわないのはサスティナビリティも同じです。企業としては戦略的にどのような取り組みが今後必要になってくるのでしょうか。下記のeBookに分かりやすくまとめました。ぜひ下記よりダウンロードしてご覧ください。





サステナビリティとイノベーション 〜次世代への責任〜




アレクサンダー マグニン
アレクサンダーは、カナダを拠点にサステナビリティを軸に活動するコンサルタントであり、イラストレーター。「持続可能な発展」に関するアニメーションビデオ、イラスト、プロジェクトの可視化を行うクリエイターで、今求められている変化に貢献。 また、Sustainability IllustratedというYouTubeチャンネルを運営。これまでにないやり方でサステナビリティを伝え、学ぶためのキャッチーなビデオを無料提供。 以前はナチュラル・ステップでサステナビリティ・アドバイザーとして7年間、戦略的サステナビリティ・プランニングについてビジネスやコミュニティをサポートしていた。サステナビリティについてのキャパシティ・ビルディングのためのワークショップ、アドバイザリー・プロジェクト、そのためのプレゼンテーションの経験豊富。 シビル・エンジニア(土木技術士)で2007年にスウェーデンで「持続可能な社会を目指すための戦略的リーダーシップを学ぶ修士課程(MSLS)」というナチュラル・ステップ・フレームワークに基づく大学院を修了。